70歳になると

今日は陽射しが出て、蒸し暑い一日だった。朝はどんより曇り
 空だったのに…いつの間にか晴れになっていた。気温も31°
 (前日比+7°)まで上がった。そんな日に出かけて行った。

70歳になると'高齢受給者証が交付される。病院へ通っていると
 これ迄提示していた健康保険証と併せて提示しないといけなく
 なる。他にも諸々の手続きが在り、市役所へ行ってきた。
 「医療費の自己負担割合が、3割から2割になる」、他にも「高額
 医療費の負担額が変わってくる」と言うのが、大きな変更点。
 簡単な説明を受け、後は都度相談しながら手続きすることに。

帰りに街のレストランへ久し振りに行った。13を過ぎた時間で
 団体さんが食事を終え帰る処で、片づけをしたテーブルに上手く
 座ることが出来た。我々の後にも3組のお客さんがやってきた。
 注文したのは、ワンプレートランチ。私でも食べれる食材ばかり。
 このプレートにアイスクリームと食後のコーヒーが付き、1,500
 久し振りだったので、美味しく戴けた。満足満足!

今日は行きも帰りもデマンドタクシーを利用した。行きは、自宅
 までの迎車料金が入るので、ギリギリ2千円を越えるかどうか。
 2千円を越えると、支払額は倍になる。市役所の手前の信号待ち
 の処で、今日の運転手は料金メーターを上げた。「少しの差額で
 支払額が変わるので」と言って。そんな運転手は初めてだった。
 デマンドタクシーを担当する会社は5社あるが、この社の運転手
 は皆対応がいい、運転も丁寧。我が家は最寄り駅から基本料金
 なので、或る社の運転手は舌打ちしたり、料金を受け取っても
 無言でドアを閉めて走り去る。娘は「絶対乗らない」と言うし
 私も余程のことが無い限り乗らない。この会社だけ対応がいい。
1907-23-1 ワンプレート.jpg
ランキングに参加しています。ポチッと押して応援して下さい!
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年07月24日 19:32
高齢受給者証の件、勉強になりました。
これからも、70歳の初体験がありましたら教えてください
2019年07月24日 21:21
いい運転手さんで気持ちいいですね。
自治体により高齢者待遇の相違は
あるでしょうが、自分も次第に古希に
近づいているのかと半信半疑でいます^^
ホントかよ?な気分です。
2019年07月25日 16:30
呑兵衛あなさん
コメント有難うございます。'70歳になれば'、どんなことが待っているのでしょうか??、でも'通院している方'と健康なあなさんとは違ってくるのでしょう。毎年、医療費の還付手続きをやっていて、「税金を納めていないので還付金も無い」とばかりに止めた処、課税対象項目にひっかかり、控除額が減り、介護保険料などにも響いてくるのかと、不安に思っている日々です。還付金が無くても、医療費控除の申請を復活させようと考えています。
2019年07月25日 16:39
yさん
デマンドタクシーは、障害者手帳を持っているので申請し認定されました。この制度は、「70歳以上も認定される」らしく、乗車・降車の認定場所も増え、活用し易くなる様です。一方、利用者が増えると、予算との兼ね合いもあり、「老人優遇反対」の声も出て来そうです。我々が現役世代に収め・積み立てた年金は、何処へ消えたのでしょう。無駄な保養施設か、政治家・官僚の怠慢か。あれだけ収めたのに、今の若い世代に'おんぶに抱っこ'ばかりでは無いと思っていますが。
2019年07月25日 17:08
どうしても、一言追コメです。
>でも'通院している方'と健康なあなさんとは違ってくるのでしょう。

誤解です。
心臓はカテーテル検査を勧められていますが、他の病気と比べてみて、見合わせています。
失明するかもと言われて予約した硝子体手術はドタキャンしています。
5年余命が50%の間質性肺炎は、宣告されてから5年が経ちます。だいぶ不調になってきました。
etc.
色々と病気持ちですが、どれかを直してる間に別の病気で逝きそうですから、治療は半分諦めました。後数年で男性の健康寿命になりますから、それでも悪くないだろうと考えています
2019年07月25日 17:43
呑兵衛あなさん
追コメント有難うございます。あなさんもいろいろな病気を体験なさっているのですネ。私の場合は、「収めた年金分は取り返したい」思いだけで、長生き出来れば、と思っています。でも仰られるように、「健康寿命であってこそ」ですね。自分の身を自分自身で始末できない様になったら‥、そう思うだけで怖いものがあります。団体生活に馴れ、'老人ホームに入所してもやっていける'と思っていましたが、歳とともに自信が無くなってきています。そうならない為に、ブログ投稿、散歩の継続、とやれることは多そうです。